近畿化学協会

重合工学部会

重合工学部会について

Division of Polymer Engineering

部会長 安田 昌弘 (大阪府立大学工学研究科教授)
研究会会員数 47名

>>重合工学部会要綱

最新情報

次回例会等案内(例会への参加については部会員に限らせて頂いておりますので、予めご了承下さい。例会以外(重合プロセスの基礎講習会、レクチャーシリーズ、塩ビフォーラム)は一般の方もご参加頂けます。)

=2021年度事業予定=

重合プロセスの基礎講習会
日時 2021年10月11日(月) ~12日(火)
開催手段 WEB配信(「Zoom Pro」によるオンライン配信)

プログラム

部会長の挨拶 大阪府立大学工学研究科教授 安田 昌弘氏 (13:00~13:05)
1日目(10月11日)
講演会
(1)ポリマー製造プロセスの構成と単位操作(13:05~14:05)
 浅野生産革新・撹拌研究所主宰 浅野 健治 氏
(2)高分子合成の基礎 (14:15~15:15)
 神戸大学大学院工学研究科教授 南  秀人 氏
(3)重合機構と反応速度(15:25~16:25)
 大阪府立大学大学院工学研究科教授 安田 昌弘 氏
(4)重合プロセスの操作設計(16:35~17:35)
 神戸大学大学院工学研究科教授 大村 直人 氏
2日目(10月12日)
講演会
(5)微粒子生成の重合反応(13:00~14:00)
 福井大学学術研究院工学系部門准教授 鈴木 清 氏
(6)重合反応装置の基本設計と事例紹介(14:10~15:10)
住友重機械プロセス機器株式会社技術部撹拌技術グループGL 竹中 克英 氏
(7)PVCものづくりの現状と将来-プロセスから製品化-(15:20~16:20)
 元株式会社カネカ 一色 実 氏
Web交流会 2日目講演終了後(16:20~17:00)

申込について

参加申込締切 10月1日(金) ただし定員(80名)になり次第締切 
参加費 主催団体会員: 2,000円
・会員外(一般) :32,000円
(何れもテキスト(電子ファイル)・消費税含む)
 ※交流懇親会参加費は無料です
申込方法 参加者1名につき【参加申込フォーム】よりお手続きください。
留意事項 ※オンライン配信ツールは「Zoom」を利用します。Zoomアプリ、またはウェブブラウザ(Google Chrome 推奨)でご参加が可能です。Zoomアカウントを作る必要はありません。
※パソコン・タブレット、ウェブカメラ・マイク等、オンライン配信ツール利用に際しての必要な機材・設備は各自でご準備下さい。
※オンライン開催にあたり細心の注意を払っておりますが、システムトラブルなどにより画像・音声に乱れが生じた場合、再実施や返金はできませんので、予めご了承ください。
講演資料の録画・録音および第三者への譲渡、無断でSNS等に公開することは一切禁止します。これらの行為を発見した場合は、接続を強制的に切断させていただきます。
※参加申込者には、開催約1週間前「接続ID」等の情報をE-mailにてお届けします。
申込先 一般社団法人近畿化学協会重合工学部会
〒550-0004 大阪市西区靭本町1ー8ー4(大阪科学技術センター6階)
TEL:06(6441)5531/FAX:06(6443)6685/E-mail:polymer@kinka.or.jp

第1回例会
 
日時 2021年6月14日(月) 14:30~16:45
開催手段 Web配信(「ZoomPro」によるオンライン配信」)

プログラム<14:30~16:45>

部会長の挨拶 大阪府立大学工学研究科教授 安田 昌弘氏 (14:30~14:35)
講演会 (1)PVCゲルアクチュエータの開発とそのウェアラブルロボットへの応用(14:35~15:35)
  信州大学繊維学部特任教授/Assist Motion株式会社代表取締役 橋本 稔 氏
(2)バイオマス複合PVCについて・バイオマス複合プラスチックについて(15:45~16:45)
  株式会社コバヤシ開発本部技術研究所 所長 井上 雅博 氏



=2020年度事業報告=

重合プロセスの基礎講習会
日時 2021年1月14日(木) ~15日(金)
開催手段 WEB配信(「Zoom Pro」によるオンライン配信)

プログラム

部会長の挨拶 大阪府立大学工学研究科教授 安田 昌弘氏 (13:00~13:05)
1日目(1月14日)
講演会
(1)ポリマー製造プロセスの構成と単位操作(13:05~14:05)
 浅野生産革新・撹拌研究所主宰 浅野 健治 氏
(2)高分子合成の基礎 (14:15~15:15)
 神戸大学大学院工学研究科教授 南  秀人 氏
(3)重合機構と反応速度(15:25~16:25)
 大阪府立大学大学院工学研究科教授 安田 昌弘 氏
2日目(1月15日)
講演会
(4)微粒子生成の重合反応(13:00~14:00)
 福井大学学術研究院工学系部門准教授 鈴木 清 氏
(5)重合プロセスの操作設計(14:10~15:10)
 神戸大学大学院工学研究科教授 大村 直人 氏
(6)重合反応装置の基本設計と事例紹介(15:20~16:20)
住友重機械プロセス機器株式会社技術部撹拌技術グループGL 竹中 克英 氏
(7)PVCものづくりの現状と将来-プロセスから製品化-(16:30~17:30)
 元株式会社カネカ 一色 実 氏
第1回例会
 
日時 2020年12月2日(水) [6/19開催予定からの変更]
会場 大阪府立大学I-Siteなんば 2階 C1カンファレンスルーム
[大阪市浪速区敷津東2丁目1-41 南海なんば第1ビル]
交通 地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町」駅(①番出口)東へ約450m、徒歩約7分
南海なんば第1ビル北側 大阪府立大学専用入口よりお入りください。

プログラム<14:30~16:45>

部会長の挨拶 大阪府立大学工学研究科教授 安田 昌弘氏 (14:30~14:35)
講演会 (1)CID重合開始連続滴下重合について(14:35~15:35)
 ヌーリオン・ジャパン株式会社 代表取締役社長 戸倉 一樹氏
(2)噴霧乾燥装置の特徴と応用例(15:45~16:45)
 大川原化工機株式会社 開発部部長 根本 源太郎氏



=2019年度事業報告=

重合工学レクチャーシリーズNO.7 
「高分子微粒子の製造・機能化からプロセス開発まで」
主催・協賛団体 主催: 近畿化学協会重合工学部会
共催: 近畿化学協会・化学工学会関西支部
日時 令和2年1月15日(水)
会場 大阪科学技術センター6階600号室
[大阪市西区靭本町1丁目8番4号]
交通 地下鉄四つ橋線「本町」駅25/28番出口より徒歩約7分、うつぼ公園北詰め

プログラム

部会長挨拶 近畿化学協会重合工学部会長(大阪府立大学工学研究科教授) 安田昌弘 氏(10:00~10:10)
講演会 (1)高分子微粒子 重合方法と粒子設計(10:10~11:30)
 慶應義塾大学名誉教授 川口春馬氏
(2)乳化重合とその類似プロセスの重合機構に関する研究(12:30~13:30) 
 福井大学大学院工学研究科准教授 鈴木 清氏
(3)高分子微粒子の構造制御による機能化(13:30~14:30)
 神戸大学大学院工学研究科教授 南 秀人氏
(4)高分子微粒子の製造におけるプロセス強化(14:45~15:45) 
 神戸大学大学院工学研究科教授 大村直人氏
(5)懸濁重合の連続プロセスに関する研究(15:45~16:45) 
 大阪府立大学大学院工学研究科教授 安田昌弘氏
交流懇親会 講演終了後(17:00~18:30)
重合プロセスの基礎講習会
日時 2019年10月24日(木)~25日(金)
会場 日本薬学会長井記念館1階会議室
[東京都渋谷区渋谷2-12-15]
交通 〈交通〉JR山手線、東急東横線、東急田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都市心線「渋谷駅」下車。JR渋谷駅東口より、高樹町方面へ高速道路3号線沿いに徒歩8分

プログラム

開会挨拶 近畿化学協会重合工学部会長(大阪府立大学工学研究科教授) 安田 昌弘 氏(14:00~14:05)
1日目(10月24日)
講演会
(1)ポリマー製造プロセスの構成と単位操作(14:10~15:15)
 浅野生産革新・撹拌研究所主宰 浅野 健治 氏
(2)重合機構と反応速度(15:25~16:30)
 大阪府立大学大学院工学研究科教授 安田 昌弘 氏
交流懇親会 講演終了後(16:40~18:40)
※交流懇親会参加費は無料です
2日目(10月25日)
講演会
(3)微粒子生成の重合反応(10:00~11:05)
 福井大学大学院工学研究科准教授 鈴木 清 氏
(4)重合プロセスの操作設計(11:15~12:20)
 神戸大学大学院工学研究科教授 大村 直人 氏
(5)重合反応装置の基本設計と事例紹介(13:30~14:35)
 住友重機械プロセス機器株式会社技術部撹拌技術グループGL 竹中 克英 氏
(6)PVCものづくりの現状と将来-プロセスから製品化-(14:45~15:50)
 元株式会社カネカ 一色 実 氏
第1回例会
日時 2019年6月21日(金)
会場 大阪科学技術センター6階605号室
交通 地下鉄四つ橋線「本町駅」、25・28番出口より北へ徒歩約5分。うつぼ公園北詰め。

プログラム<14:30~18:30>

    
部会長の挨拶
講演会 (1)塩ビ樹脂の劣化と安定化(14:35~15:35)
 株式会社ADEKA 樹脂添加剤開発研究所安定剤開発室 室長 田中 一暢氏
(2)マテリアルズ・インフォマティクスの動向と実用展開における課題(15:45~16:45)
 株式会社アーク・イノベーション 執行役員 井上 徳之氏
懇親会
(17:00~18:30)
講演終了後、アフターディスカッションを兼ねて行います。
講師の方・参加者の会員相互の 情報交換等にも大いにご利用下さい。
    於:ATRIO CAFÉ (TEL06-6447-9898、講演会場より徒歩約1分)



=平成30年度事業=

重合工学レクチャーシリーズNO.6 
「懸濁重合・乳化重合における凝集・分散」
主催・協賛団体 主催: 近畿化学協会重合工学部会
協賛: 近畿化学協会・化学工学会関西支部
日時 平成31年1月25日(金)
会場 大阪科学技術センター6階605号室
[大阪市西区靭本町1丁目8番4号]
交通 地下鉄四つ橋線「本町」駅25/28番出口より徒歩約7分、うつぼ公園北詰め

プログラム

部会長挨拶 近畿化学協会重合工学部会長(神戸大学工学研究科教授) 大村 直人 氏(13:10~13:25)
講演会 (1)液相中の微粒子・ナノ粒子の凝集・分散と粒子表面のナノ構造(13:30~14:30)
 京都大学名誉教授 東谷 公 氏
(2)高圧ホモジナイザーのバルブ内の流れと乳化作用について(14:40~15:40)
 徳島大学名誉教授 福富 純一郎 氏
(3)粒子の分散安定化(分散剤)と分散体の塗布性の向上(消泡剤・レベリング剤)(15:50~16:50)
 ビックケミー・ジャパン株式会社添加剤技術部 部長 若原 章博 氏
第10回塩ビ(PVC)フォーラム
共催 近畿化学協会重合工学部会PVC委員会
塩ビ工業・環境協会
日時 平成30年12月7日(金)
会場 住友不動産六甲ビル2階会議室(東京都中央区新川1-4-1)

プログラム<13:30~19:00>

PDF版プログラム プログラム
開会挨拶 塩ビ工業・環境協会理事(13:30~13:35) 
講演会

講演(13:35~16:30)
「PVCの過去・現在そして見果てぬ夢」
 元大阪市立大学工学研究科教授 圓藤 紀代司氏
休憩(15:00~15:15)
質疑(16:30~16:55)

閉会挨拶

近畿化学協会重合工学部会部会長(16:55~17:00)

懇親会
(17:15~19:00)
講演終了後、圓藤先生を囲んでの懇親会を行います
重合プロセスの基礎講習会
日時 平成30年10月25日(木)~26日(金)
会場 日本薬学会長井記念館1階会議室
[東京都渋谷区渋谷2-12-15]
交通 〈交通〉JR山手線、東急東横線、東急田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都市心線「渋谷駅」下車。JR渋谷駅東口より、高樹町方面へ高速道路3号線沿いに徒歩8分

プログラム

開会挨拶 近畿化学協会重合工学部会長(神戸大学工学研究科教授) 大村 直人 氏(14:00~14:05)
1日目(10月25日)
講演会
(1)ポリマー製造プロセスの構成と単位操作(14:10~15:15)
 日本ゼオン株式会社顧問 浅野 健治 氏
(2)微粒子生成の重合反応(15:25~16:30)
 福井大学大学院工学研究科准教授 鈴木 清 氏
交流懇親会 講演終了後(16:40~18:40)
※交流懇親会参加費は無料です
2日目(10月26日)
講演会
(3)重合機構と反応速度(10:00~11:05)
 大阪府立大学大学院工学研究科教授 安田 昌弘 氏
(4)重合プロセスの操作設計(11:15~12:20)
 神戸大学大学院工学研究科教授 大村 直人 氏
(5)重合反応装置の基本設計と事例紹介(13:30~14:35)
 住友重機械プロセス機器株式会社技術部撹拌技術グループGL 竹中 克英 氏
(6)PVCものづくりの現状と将来-プロセスから製品化-(14:45~15:50)
 元株式会社カネカ 一色 実 氏
第1回例会
日時 平成30年6月15日(金)
会場 大阪科学技術センター7階702号室
交通 地下鉄四つ橋線「本町駅」、25・28番出口より北へ徒歩約5分。うつぼ公園北詰め。

プログラム<14:30~18:30>

部会長の挨拶 神戸大学工学研究科教授 大村 直人氏(14:30~14:35)
講演会 (1)ポリ塩化ビニルパウダーの構造発色(14:35~15:35)
 国立研究開発法人物質・材料研究機構  佐光 貞樹 氏
(2)PVCの表面改質材の紹介(15:45~16:45)
 エメリーオレオケミカルズジャパン(株)  鈴木 浩治氏
懇親会
(17:00~18:30)
講演終了後、アフターディスカッションを兼ねて行います。
講師の方・参加者の会員相互の 情報交換等にも大いにご利用下さい。
(参加費 3,000円:当日会場にて頂戴致します。)
※過去の行事はこちらをご覧ください。