重合工学部会要綱


目的

 重合のプロセスにおける実際の工学に対する調査研究や情報交換等を推進することによって技術の水準の向上をはかり、実際の重合プロセス工学の問題点を解決に資することならびにその発展に寄与することを目的とする。
 PVC委員会ではビニルポリマーの化学に関する基礎・応用両面にわたる研究を通じて、高分子化学ならびに工業の発展に寄与することを目的とする。

事業

上記の目的を達成するために次の事業を行う。

1)重合体製造におけるプロセスに関する調査研究
2)情報の提供及び交換
3)会員相互の交流の推進
4)PVCフォーラムなど
5)前号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要と認める事業

組織

 本部会の主旨に賛同し、入会を希望する個人及び、企業等、及び公的機関等による会員で構成する。
 研究会会員の資格は、近畿化学協会の会員(特別会員または正会員)でなければならない。

部会費

  本部会の経費は、法人会員の会費ならびに寄付金による。
 ・法人会員の会費は、年間1口3万円。例会は1口につき1名は無料。2名以上は実費とする。
 ・会計年度は毎年4月1日より3月末日とする

部会員の特典

 ・本部会員は、講演会(例会)、PVCフォーラムなどに参加し、その際の資料などの配布を受けることが出来る。
 ・基礎講習会に会員価格で参加できる。

役員

 ・会長の委嘱により、部会長1名、副部会長2名、幹事およびPVC委員若干名を置く。
 ・役員の任期は2年とする。但し、重任は妨げない。
 ・本部会の諸事業の計画を遂行しその運営をはかるためにPVC委員会を設ける。
 


重合工学部会最新情報